水回りのトラブルが発生した時の対処方法を考えよう

自分ではできない掃除はプロに依頼しよう

窓ガラスの修理

窓ガラスの修理の際における注意点

窓ガラスはめったなことでは割れないほど、丈夫に作られたガラスが使用されています。そのため、いざ窓の修理が必要となると、どこに頼んでいいのか戸惑ってしまうものかもしれません。窓のトラブルは、割れてしまう他にも様々なものがあり、地震や風雨の影響でたてつけが悪くなってしまったり、経年劣化や色々な原因によって開け閉めする際に嫌な音がしてしまうトラブルもよく見られます。修理が必要だと思われる場合には、専門の業者に依頼して直してもらいましょう。しかし、業者選びも慎重に行わないと、金額の安さだけで選んでしまって失敗してしまう場合もあります。窓は、古くなってくるほどに部品の入手が困難になってしまう傾向にあるため、業者によっては断られてしまうことも。適正な価格で良心的な修理を行ってくれる業者に依頼するためには、修理専門の業者を比較検討して慎重に選ぶことが大切です。

窓ガラスの歴史と変遷から見えてくる現代の窓

窓にガラスが使われ始めた歴史は意外と古く、紀元一世紀のポンペイの遺跡から、窓ガラスが用いられていたことをうかがわせる発掘がなされています。また、人類のガラスとの出会いは石器時代にまでさかのぼり、原初の人類は天然ガラスの一種である黒曜石を石包丁や矢じりとして使用していました。日本の木造建築に初めて窓ガラスが使用されたのは、17世紀から18世紀にかけてのことで、明治時代になると窓にガラスを使った建築が増え、板ガラスの量産が始まりました。このような変遷をたどる窓ガラスですが、現在は様々な機能を持ったものが開発され、日々便利に進化してきています。ガラスが割れる事はめったに起きないと思われがちなので、修理の際は戸惑うことも多いですが、確実な修理を行ってもらうためにも、すぐに専門のガラス屋さんに連絡することが大切です。