水回りのトラブルが発生した時の対処方法を考えよう

自分ではできない掃除はプロに依頼しよう

業者に依頼する

モーターの経年劣化で故障しているときにはすぐに換気扇修理業者に依頼!

換気扇のトラブルで特に多いのは、ファンが回転する音が異常に大きくなったり、ファンが回っている時にカタカタと振動が生じたりといったファンの回転時に気づくトラブルです。 こうしたトラブルは、「ファンを回すモーターの経年劣化」と「ファンへのゴミの付着」の2つが主な原因ですが、修理が必要なのは前者のケースです。 ファンの回転時に異常を感じたときには、まず換気扇の電源を切って安全を確保した後でカバーを開けてファンにゴミが付着していないかを確認してみます。 ゴミが付着している場合には、少量の中性洗剤を付けた布巾などでキレイに拭いてゴミを取り除くことで状態を改善できることが多いようです。 これに対してゴミが付着していなかった場合やゴミを取り除いても変化がない場合には、換気扇のモーターの経年劣化が原因である可能性が高く、放っておくとさらなるトラブルが生じる場合もあるので、修理業者にできるだけ早く修理を依頼しましょう。

換気扇修理を業者に依頼するときのポイントとは?

換気扇の修理は高度な技術を必要とするものではありませんが、やはりトラブルを避けるためには優良な業者を選ぶことが大切です。 一般的な換気扇の修理ではメーカーや機種、故障の状態などによって修理料金が変わってくるので依頼を受けた時点では料金を明示することはできません。 このため、業者のホームページを確認しても大抵の場合料金が示されていませんが、優良な業者では、見積もり後の追加料金の請求は一切しないことや無理な勧誘をしないことをホームページに記載しているのでこうした表示のある業者に依頼すると安心です。 なお、キッチンの換気扇は油とゴミ、ホコリなどが固まった油汚れが蓄積しやすく、そのまま掃除せずに放置しておくと、ファンの回転に悪影響を与えてモーターの消耗を早め、異音が生じるなどの故障が起こりやすくなります。 現在では換気扇の修理とともに汚れたファンのクリーニングも請け負ってくれる業者もあるので、普段忙しくて換気扇の掃除ができないという方は、こうした業者に依頼して年に1度は徹底的にクリーニングをしてもらうことをお勧めします。