水回りのトラブルが発生した時の対処方法を考えよう

自分ではできない掃除はプロに依頼しよう

コーティングする

浴室コーティングを長持ちさせるために

湯垢や皮脂は頑固な汚れなので、一旦こびりつくとなかなか落とせません。毎日の浴室掃除は重労働ですが、それを楽にしてくれるのが浴室のコーティングです。また古くなった浴室を新品に交換するよりもはるかに安い値段で輝きが戻り、さらなる老朽化をくい止めることができます。 浴室のコーティングは徐々に剥がれてしまうために、定期的なコーティングの塗り直しが必要になります。 できるだけコーティングを長持ちさせるためには、たわしなどでゴシゴシとこすり過ぎないことと、もう一点シャンプーやリンスの飛び散りに気をつけることです。シャンプーなどは含まれる成分がコーティング剤を溶かしてしまう可能性があるため、入浴後は壁や浴槽などをシャワーでざっと流すだけで、随分と持ちが良くなります。

浴室にコーティングをするときのコツ

浴室は、水あか、カビ、皮脂汚れなどがこびりついてしまいやすい場所です。これを除去しようとすると掃除の際に大きな手間がかかってしまいます。しかし、コーティングを施しておけば、長い期間にわたって汚れを防ぐことができます。 コーティング剤は市販されているので、ホームセンターやネットショップで入手することが可能です。したがって、浴室にコーティング剤を塗布する作業は個人でも十分行えます。 ただし、望んだ効果を得るためには、いくつか注意点があります。 一つ目は、コーティング剤の選択です。コーティング剤には、フッ素系とシリコン系がありますが、効果の長い後者を選択するのがよいでしょう。 二つ目は、作業前に浴室内のコーティング箇所をしっかり乾燥させることです。また、浴室に塗布した後もしばらく水滴がかからないようにしておく必要があります。